神宮寺勇太出演ドラマ准教授・高槻彰良の推察最終話あらすじ・ネタバレ(9月25 日放送回)

2021年8月7日からはじまった、フジテレビ系オトナの土ドラ『准教授・高槻彰良の推察』。

Season1の放送が9月25日放送で最終回を迎えます。

『准教授・高槻彰良の推察』では、孤独な大学生役でキンプリ神宮寺勇太さんが出演し、久しぶりにドラマで演技をする姿を見せてくれます。

今作はHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんが初主演で、ジャニーズの先輩後輩の共演でも話題です。

このドラマ撮影で仲良くなった伊野尾くんとじんくんの撮影の裏側秘話も魅力的な『准教授・高槻彰良の推察』。

Season1の終了後、WOWOWでSeason2の放送(10月10日~放送)が決まっていて、まだまだ楽しみが長く続くドラマです。

この記事では、その准教授・高槻彰良の推察Season1最終話のあらすじ・ネタバレを紹介します。

※ネタバレは9月25日放送終了後に更新します

『准教授・高槻彰良の推察』で、キンプリ神宮寺勇太さんの演技をめいっぱい楽しみましょう!

かおけぴ

私が紹介するネタバレは、箱推し深紅ティアラ目線です!

すでに放送された回のネタバレ・あらすじはこちらにまとめてあります。

目次

Season1最終話 タイトル・あらすじ・ネタバレ

Season1最終話 あらすじ

『べっこう飴を選べば、お前は孤独になる』
人の嘘が分かる呪いをかけられてから8年。尚哉(神宮寺勇太)は高槻(伊野尾慧)とともに、再び“青い提灯の祭”に足を踏み入れる覚悟を決める。

「俺、行ってみたいです。あの祭がどういうものなのか、確かめたい」
佐々倉(吉沢悠)の運転で亡き祖父母が住んでいた村へ向かう3人。村ではもう祭は行われていないというが、祖母の知人女性(ふせえり)や謎の老人(モロ師岡)の言葉は、それが嘘であることを示していた。

一方、瑠衣子(岡田結実)は佐々倉古書店で「のろいの盆踊り」「青い提灯」などと書かれた一冊の本を手にする。高槻の身を案じた瑠衣子が知り合いの神主(ベンガル)を訊ねると、そこで得たのは、「のろいの言葉が死者を呼び起こす」という不吉な情報だった。急いで高槻に連絡を取ろうとする瑠衣子だったが…。

その頃、高槻と尚哉、佐々倉は“尚哉の記憶にある神社”にいた。村人たちが「お盆の間は行かない方が良い」と話す“お山の神社”には山神様が住むという。

「下りるのは夜8時を過ぎてから。子どもがいてはいけない祭りに行くよ」
高槻のその言葉の意味とは…。尚哉らが目にする怒涛の展開に、誰もが手に汗握る!

凸凹バディのヒューマンミステリー第一章、ここに完結!!

准教授・高槻彰良の推察公式サイトより引用

\ 『准教授・高槻彰良の推察』1話から最新話を配信中。まずは2週間無料体験!! /

Season1最終話 ネタバレ

※ネタバレは9月25日の放送後に更新します。

\ 『准教授・高槻彰良の推察』1話から最新話を配信中。まずは2週間無料体験!! /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる