神宮寺勇太出演ドラマ准教授・高槻彰良の推察第4話あらすじ・ネタバレ(8月28日放送回)

2021年8月7日から、フジテレビ系オトナの土ドラ『准教授・高槻彰良の推察』が始まりました!

『准教授・高槻彰良の推察』には、孤独な大学生役でキンプリ神宮寺勇太さんが出演し、久しぶりにドラマで演技をする姿を見せてくれます。

今作はHey!Say!JUMPの伊野尾慧さんが初主演で、ジャニーズの先輩後輩の共演でも話題です。

このドラマ撮影で仲良くなった伊野尾くんとじんくんの撮影の裏側秘話も魅力的な『准教授・高槻彰良の推察』。

放送開始前から、WOWOWでseason2の放送(10月10日~放送)が決まっていて、楽しみが長く続くドラマです。

この記事では、その准教授・高槻彰良の推察の第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します。

※ネタバレは8月28日放送終了後に更新します

『准教授・高槻彰良の推察』で、キンプリ神宮寺勇太さんの演技をめいっぱい楽しみましょう!

かおけぴ

私が紹介するネタバレは、箱推し深紅ティアラ目線です!

すでに放送された回のネタバレ・あらすじはこちらにまとめてあります。

目次

第4話 スタジオの幽霊の怪 あらすじ・ネタバレ

第4話 あらすじ

「私、幽霊を見た事があるんです」

高槻(伊野尾慧)のもとを訪ねてきたのは女優の藤谷更紗(市川由衣)。青和大在学中に女優デビュー、主演映画で注目されたがその後はパッとせず、最近は幽霊が見える『霊感女優』としてバラエティ番組などで再ブレイク中だった。そんな更紗が主演する新作映画の現場で怪異現象が起きているという。

早速調査を約束する高槻だったが、更紗のマネージャー・宮原(馬渕英里何)は何故か苦い顔を浮かべる。

一方、尚哉(神宮寺勇太)は耳の不調で病院を訪れていた。中耳炎と診断され治療を受ける尚哉。帰宅すると嘘を見抜く能力が消え去っていて…。

不安を抱えたまま始まった調査。高槻は尚哉、瑠衣子(岡田結実)、難波(須賀健太)らと聞きこみを始める。だが怪異現象のたびに撮影が止まり、現場には嫌な空気が流れていた。監督の佐竹(時任勇気)には「ただの見学だ」と言ってくれと更紗に釘を刺される高槻たち。スタッフらも高槻たちをあまり歓迎していないようで…。

そんな中、突然、高槻の父の秘書・黒木(夙川アトム)が佐々倉古書店へ現れる。その場にいた高槻と佐々倉(吉沢悠)に、黒木は映画の現場で撮られた高槻の写真を突きつける。

准教授・高槻彰良の推察公式サイトより引用

\ 『准教授・高槻彰良の推察』1話から最新話を配信中。まずは2週間無料体験!! /

第4話 ネタバレ

映画の撮影中に階段から落ちた女優藤谷更紗は、白い服の女に引っ張られたと言いますが、その女の姿は誰も見ていませんでした。

高槻の研究室では、テレビで女優と対談するという高槻のジャケットを選んでいました。瑠衣子は高槻のテレビ出演を高槻以上に張り切っていました。

そんな瑠衣子の話を聞かず高槻は、今日の授業に尚哉が出席していなかったことを気にしていました。

その頃一人暮らしのアパートで寝込む尚哉は高い熱が続いていました。

尚哉は何か食べてから薬を飲もうとしますが冷蔵庫は空っぽ。

そこに授業に出ていない尚哉を心配した高槻から電話が来ましたが、他人に頼ることのできない尚哉は「大丈夫」と電話を切ってしまいます。

高熱にうなされる尚哉は…?

高熱にうなされる尚哉が見ていた夢は、あの夏の日、青い提灯の祭りで祖父に言われた「孤独になる」の言葉。

「一人は嫌だ!」と叫んで起きた尚哉の部屋には、扉をドンドン叩く音が。

すぐ迷子になる高槻は、3時間以上迷子になりながら尚哉の部屋を訪ねて来たのです。



高槻は風邪で寝込む尚哉のためにお粥を作りましたが、尚哉は、「先生にこんなことをさせて申し訳ない」と謝ります。

高槻はそんな尚哉に「ただありがとうと言ってくれるだけで良い」「人は一人で生きてはいけない、もっと人を頼っ方がいい」と優しく言います。


そして、研究室で尚哉が使っている大仏のカップはお客様用、もう尚哉はお客様ではなく研究室に必要不可欠な人だからと自分用のカップを置くように勧めます。

熱が下がって大学に行った尚哉は…?


体調が良くなった尚哉が大学に行くと、高槻がバラエティ番組で女優と対談することを知ります。


対談の収録を見学したい難波は、尚哉から高槻にお願いして欲しいと頼んできました。

高槻が対談する相手は青和大学の卒業生の女優藤谷更紗。

露出が減っていた更紗は、幽霊が見える女優として最近注目を集めていました。

テレビ出演することになった高槻は…?

更紗との対談でテレビに出演する高槻を心配するのは、幼なじみの健司。

「テレビに出演すると怒るのは父」と言う高槻。

それよりも健司は昔の高槻のことを知る人が高槻に気づくかもしれないことを心配していました。


高槻は「ずっと探している答えが見つかるなら、そろそろ危険をおかしてもいいんじゃないかと思ったんだ」と健司に言います。


いよいよ更紗との対談で、「幽霊を信じるか」と聞かれた高槻は、「たくさん人が目撃している幽霊はいると思う。いつか会ってみたい」話します。


そんな高槻に、霊感女優と言われている更紗は相談を持ちかけます。

更紗の相談内容は…?

更紗の久しぶり主演映画で、幽霊を目撃したなどとたびたび起きる怪奇現象。

そのたびに撮影が止まり困っている更紗は、高槻に怪奇現象の原因を探って欲しいと依頼します。


更紗の話しを一緒に聞いていた尚哉は、「幽霊を見たことがある」という更紗の声はゆがんでは聞こえませんでした。

高槻は「本当の怪異」を探すために張り切って更紗の依頼を引き受けます。

耳の不調を感じる尚哉は…?

更紗の話しを聞いているとき、ゆがみとは違う耳の不調を感じた尚哉は病院に行きました。


病院でひどい風邪からくる「中耳炎」と診断され、治療受けて帰宅した尚哉は、嘘の言葉を聞くとゆがんで聞こえる能力がなくなっていました。

あの祭りでべっこう飴を食べて以来、人の嘘がわかることで他人と距離をおき、孤独に生きてきた尚哉は、嘘がわかる能力がなくなったことに喜びを感じていました。


ですが嘘を見抜く能力で高槻の助手として働く尚哉にとって、嘘がわからないことは不安でしかありませんでした。


不安を抱える尚哉は更紗の映画撮影の怪異調査に、同級生の難波と研究室の瑠衣子に助手をお願いして一緒に調査をすることに…

12年前に高槻の身に何が起こったのか?

高槻背中にあるあざの理由は?

高槻が探している答えは?


嘘がわかる能力がなくなり、孤独から解放された尚哉はどうなるのか…?

幽霊の怪の真実もさることながら、ちりばめられた伏線の行方が気になる回でした。

これは放送を見た直後の私の感想です。

ますます謎が深まる高槻に、大切なものが何か向き合い続けなければいけない尚哉。

今後も高槻と尚哉がどうなっていくのか展開が気になります。

来週の放送もとても楽しみです!!

\ 『准教授・高槻彰良の推察』1話から最新話を配信中。まずは2週間無料体験!! /

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる