ナイト・ドクター第1話あらすじ・ネタバレ(6月21日放送回)

2021年6月21日から、フジテレビ月曜9時枠連続ドラマ『ナイト・ドクター』が始まります!

『ナイト・ドクター』には、医師役でキンプリ岸優太さんが出演し、久しぶりにドラマで演技をする姿を見せてくれます。

波瑠さんが主演で、まわりを固めるキャストも演技派で豪華な『ナイト・ドクター』。

今回は、そのナイト・ドクターの第1話のあらすじ・ネタバレを紹介します。

月9『ナイト・ドクター』で、キンプリ岸優太さんの演技をめいっぱい楽しみましょう!

かおけぴ

私が紹介するネタバレは、箱推し深紅ティアラ目線です!

すでに放送された回のネタバレ・あらすじはこちらにまとめてあります。

目次

第1話 闘う夜。救える命がある限り あらすじ・ネタバレ

病院スタッフの働き方改革を目指す柏桜会グループが『あさひ海浜病院』に夜間勤務専門の救命医チーム“ナイト・ドクター”を立ち上げることになった。医師の朝倉美月(波瑠)は新たな就職先にナイト・ドクターを選ぶ。

ナイト・ドクターのスタート初日、スタッフステーションには美月のほかに、深澤新(岸優太)、成瀬暁人(田中圭)、桜庭瞬(北村匠海)、高岡幸保(岡崎紗絵)という5人の医師が集まる。美月を見た深澤は驚く。数日前、街で倒れたホームレスの診療に手間取った深澤に代わって、鮮やかに処置したのが美月だった。しかも、美月は深澤に「処置出来ないなら医者を名乗るな」と、言い放っていたのだ。

5人の指導医は本郷亨(沢村一樹)。本郷は自分の指導について来られる者だけついてこいと厳しい。そこに、ホットラインが鳴る。工事現場の崩落事故で3名の重症者が出たのだ。全員の受け入れを許可する本郷に美月はほっとする。

運び込まれた重症患者に、救命の現場を知らない深澤と桜庭は戸惑うばかり。本郷に応じるのは救命経験のある成瀬。美月と幸保は食らいついて行く。重傷者たちの処置を始めた矢先、崩落現場で新たな重症者が発見されたと連絡が。すでに7件の病院に搬送を拒否されているという。使えない医師ばかりでは無理だと断ろうとする成瀬を本郷が制して受け入れを命令。本郷は先に運ばれた3名を早く安定させれば済む話だと無愛想に言い切る。しかし、新たに搬送された患者の足は重度の損傷を受けてクラッシュ症候群を起こしていた。本郷は美月に切断を指示するが…

フジテレビ公式サイトより引用

第1話 ネタバレ

研修医あがりの内科医、深澤新(岸優太)が務める『あさひ海浜病院』では、救急救命センターの医師が休みなく働いています。

過労死ラインを超えてもなお救命のためにはたらく救命医の姿をはために、内科医でよかったーと胸をなでおろす新。

ナイト・ドクターが立ち上げられた理由は?

そんな救急医療と救命医を救うために『あさひ海浜病院』は医師の当直医制度を廃止。

それでも病院創設時から掲げている「24時間、どんな患者でも断らない医療」を行うために夜間当直専門のナイト・ドクターを立ち上げることになりました。

美月が選んだ新たな就職先は?

朝倉美月(波瑠)はナイト・ドクターとして夜の救急で働くことを自ら望み、恋人に就職先があさひ海浜病院に決まったことを報告します。

恋人はすれ違いの生活がいやだと、ナイト・ドクターとして働くこと快く思いませんが、美月は気にしません。

恋人とのデート中に、ホームレスが倒れた現場にかけつけ、新と遭遇します。

妹と一緒にいるときに、急患に遭遇し、何もできない新。

そんな新たに美月は、これくらいのこともできないのに医師と名乗るなときつく言います。

あさひ海浜病院にナイト・ドクターとして集まったのは?

ナイト・ドクタースタート初日、集まったスタッフは、美月のほか、理事長に頼みこまれてナイト・ドクターになった新、精神安定剤を飲みながら勤務する桜庭瞬(北村匠海)、かつての美月の職場の先輩医師である成瀬暁人(田中圭)、医師としての経験を早く積みたい高岡幸保(岡崎紗絵)の5人。

5人の指導医はニューヨーク帰りの救急医本郷亨。

亨は「自分についてこれる物だけついてこい、教える気はない」というスタンスで、救急医としての経験がない新と桜庭にも厳しく接します。

ナイト・ドクター初日の仕事で…

1日目、ホットラインで工事現場の崩落事故の重傷患者を受け入れたナイト・ドクターチーム。

研修医上がりで、救命の現場を知らない新と桜庭はとまどうばかりで、ついていけずにいます。

成瀬・美月・幸保はなんとか必死に受け入れた患者の処置を行いますが、そこに新たに重症の患者を受け入れ要請が。

本郷は、今受けている患者を安定させて受け入れることを選択しますが、新たに受け入れた患者はクラッシュ症候群を起こし、下肢切断をしなければならないような患者でした。

朝を迎えた病院では…

夜間勤務を終え、日勤の救命医に夜間の状況を申し送るナイト・ドクターチーム。

そこで救命センター長の嘉島(梶原善)に「ナイト・ドクターは昼間働く救急医の2軍・3軍、昼間の救命医の仕事を増やすな」と言われ憤りを隠せない美月。

そして救急で運ばれてきた患者に、なにもできないまま朝をむかえた新は「仕事は給料をもらえれば十分、やりがいなんて求めてない」といいます。

幸保は、医師としての経験を積むため、夜働く彼氏と時間を合わせるためにナイト・ドクターとして働き、桜庭はたびたび発作を起こし薬を飲みながら勤務を終えます。

夜間救急を受け入れる病院として、どんどん舞い込む救命の要請。

「患者に朝を見せてあげたい。」そう思いながらどんな患者でも受け入れる美月の思いは…?

ナイト・ドクターとして、何もできず、自信もモチベーションも持てずに内科医に戻りたいと思っていた新。

それでも朝日が美しく尊く、あたりまえに見ることができるものではないことを知った新は…?

命のとりで、ナイト・ドクターとして働く彼らが抱えている問題は…?

考えさせられる問題も見どころも多い『ナイト・ドクター』。

そんな中でも岸さんが、岸さんの面影を残したまま研修医を演じてくれていることに感情移入が半端ないです。

いまだ新先生が岸さんにしか見えない…

医師になったとは到底思えない…

これから新先生が、医師としてはじることのない成長を、それにあわせて人間としての成長していく姿を見られることに期待したいです。

医療ドラマとしても若干つっこみたい部分はあったナイト・ドクターですが、岸さんを堪能するには全く申し分ないね!

これがナイト・ドクター初回放送を見た直後の私の感想です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる