ドラゴン桜第8話 自分の人生を生きる覚悟を持て!巨大な陰謀の幕開け!あらすじ・ネタバレ(6月13日放送回)

2021年4月25日、TBS日曜劇場『ドラゴン桜』がいよいよ始まりました!

『ドラゴン桜』には、龍海学園東大専科の生徒役でキンプリ髙橋海人さんが出演し、今までにないほど、表情で魅せる演技を見せてくれています。

2005年に放送された前作『ドラゴン桜』に続いて、16年ぶりに帰ってきた、令和の日曜劇場『ドラゴン桜』。

前作よりも、豪華で演技派ぞろいのキャスティングで、重厚感が増したドラマになっています。

今回は、そのドラゴン桜の第8話のあらすじ・ネタバレを紹介します。

令和の日曜劇場『ドラゴン桜』で、キンプリ髙橋海人さんの演技をめいっぱい楽しみましょう!

かおけぴ

私が紹介するネタバレは、箱推し深紅ティアラ目線です!

目次

第8話 自分の人生を生きる覚悟を持て!巨大な陰謀の幕開け!あらすじ・ネタバレ

第8話 あらすじ

東大合格者が5人出たら学園は売却される…。

桜木(阿部寛)宛に送られてきたファイルから、先代理事長・恭二郎(木場勝己)による久美子(江口のりこ)の理事長退任と学園売却計画が発覚。その背後に不穏な動きもあり…。

最大の危機に見舞われる一方で、桜木は生徒7人にオーダーメイドの勉強法を伝授する。それぞれの学力を考慮した受験科類と選択科目の提案、それに合わせた攻略法だ。また、水野(長澤まさみ)からは夏休みを前に変わった対策法が伝授される。そんな中、楓(平手友梨奈)は一人悩んでいた。桜木はその様子に気づくが…そして、アクシデントが楓を襲う。

さらに、桜木の前に意外な人物が現れる…

日曜劇場『ドラゴン桜』公式ホームページより引用

オーダーメードの東大受験の勉強法は?

東大模試の結果から、それぞれの学力に応じた東大の志望学部の変更と、選択科目をひとりひとりに提案した桜木。

理科一類を希望していた藤井は二類を提案され、不服です。

それでも東大に合格するために、受験生のタイプや合格点数を視野に入れた分析にのっとった戦略は必須。

専科の生徒ひとりひとりにあわせた分析で、それぞれの志望学部が決まり、生徒のやる気は盛り上がります。

今日の特別講師は?

今日の特別講師は東大専科の生徒たち。

今まで勉強の基礎を学んできた東大専科の生徒たち。

自分たちが学んできたことを、咀嚼して他人に教えることで、理解があいまいな部分がわかるといいます。

臆せず輝が一人目の特別講師に。

「must」の使い方を東大専科の生徒に授業します。

授業後間違っている部分を小杉から指摘され、なぜ間違えたかを質問される輝。

「忘れていた」「緊張した」「次から間違えないように気をつければいい」とこたえる輝。

それを桜木は「敗者の言い訳」と切り落とします。

「勝者の言い訳」は、勝つ方法を徹底的に考えて次に活かす。

東大受験には、間違えたことも「なぜ間違えたのか」徹底的に考えることが必要なのです。

自分にあった勉強法で夏に勝つ!

夏休みに入る東大専科の生徒たち。

地獄の特訓が待ち受けていると思っていたものの…

お膳立てはここまで、ここからは自分で勉強しろと専科の生徒たちに伝えます。

「自分で乗り越えた経験が、つらい状況を乗り越える力になる。」

そう桜木からいわれた生徒たちですが、自分で勉強することに不安を感じています。

そこで水野から、自分たちに向いている勉強法を伝授され、「ここで基礎固めできた人は秋から猛烈に学力がのびる」と水野に励まされます。

そして、ここから東大受験までは家族の協力が必須と言われ岩崎楓は表情をくもらせます。

夏休みに集まって勉強をする場所は?

毎日一緒に勉強してきた専科の生徒たち。

みんなが一緒に勉強できそうな場所として、輝が選んだのはかつて輝が小橋、岩井とつるんでたむろしていた海辺のカフェバー。

かつては悪いことを企みに集まっていたカフェバーも、いまや勉強場所。

専科の生徒と一緒に、いまやすっかりムードメーカーになった小橋と岩井も受験勉強に日々励みます。

親に東大受験を言えない楓は?

夏休み中みんなで一緒に教え合い勉強する仲間たち、

そのなかで、唯一親に東大を受験したいことを親に伝えることができていない楓。

楓の夢を応援することが生きがいの両親は、楓のためにバトミントン強豪の実業団で練習できるように話しをすすめていました。

そして親が力を尽くした結果で、楓は夏休みの1か月間を故障を抱える選手のメニューで実業団の練習に参加することになります。

実業団の練習に参加することになった楓は、受験勉強と練習を両立するために睡眠時間を削り、限界の気力と体力で東大模試に挑みます。

東大模試の結果は?

東大模試を専科の生徒同士で他者採点する専科の生徒たち。

輝は楓の答案を採点し、楓の不調に気づきます。

実業団の練習に参加することで、仲間との勉強にも参加できない日々が続いた楓を心配した奈緒は、楓のあとをつけ、楓がっ実業団の練習に参加していることを知ります。

輝と奈緒は、楓のことを桜木に相談しますが、桜木は本人の問題だと岩崎の親を説得しようとしません。

楓に起きたアクシデントは?

親を再び失望させたくない楓は、親に東大受験を言えないまま実業団の練習に参加を続けます。

東大受験もバトミントンも中途半端になっている現状を自分でわかっている楓は、あせりが募ります。

久ぶりに仲間が勉強するカフェバーに行った楓は元気に振舞います。

でも、そこで仲間が実業団の練習に参加していることを知っていることを知り、

中途半端さを自覚をしている楓は、疲労と睡眠不足でついに倒れて病院に運ばれます。

親をこれ以上失望させたくない楓が出した決断は?

人生の敗者にならないために、自分ができることは?

そして、学園買収計画の真の黒幕は?

今週のドラゴン桜は、楓と両親の関係性を主軸のストーリーで、自分の人生に逃げずに向き合い、あきらめなければ道はひらけるという勇気をもらえる回でした。

そして、輝が楓を大切に思う気持ちが、楓に少し伝わった回でもありましたね。

楓を思う仲間の気持ちと、楓が親に真剣に向き合う姿に涙を浮かべる輝の表情も印象的でした。

最終話まであと2話!東大に合格するためには?

学園買収のほんとう黒幕は?

クライマックスに向けて今後の展開が、とっても楽しみです!

これはドラマ放送を見た直後の私の感想です。

\ 2週間無料体験 無料期間中に解約すれば料金はかからない!

Paravi
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる