ドラゴン桜第4話 あらすじ・ネタバレ(5月16日放送回)

2021年4月25日、TBS日曜劇場『ドラゴン桜』がいよいよ始まりました!

『ドラゴン桜』には、龍海学園東大専科の生徒役でキンプリ髙橋海人さんが出演し、今までにないほど、表情で魅せる演技を見せてくれています。

2005年に放送された前作『ドラゴン桜』に続いて、16年ぶりに帰ってきた、令和の日曜劇場『ドラゴン桜』。

前作よりも、豪華で演技派ぞろいのキャスティングで、重厚感が増したドラマになっています。

今回は、そのドラゴン桜の第4話のあらすじ・ネタバレを紹介します。

令和の日曜劇場『ドラゴン桜』で、キンプリ髙橋海人さんの演技をめいっぱい楽しみましょう!

かおけぴ

私が紹介するネタバレは、箱推し深紅ティアラ目線です!

目次

第4話 親と友の愛を信じろ!東大合格へ導く10カ条! あらすじ・ネタバレ

第4話 あらすじ

瀬戸輝(髙橋海人)が学校を休んで3日。水野(長澤まさみ)や東大専科の仲間は心配するが、桜木(阿部寛)は勉強に集中するように告げ、ITを活用した勉強法を伝授する。

一方、専科に負けて難関大コースを廃止した理事長の久美子(江口のりこ)は、新たに一流大コースを設立。理系トップの藤井(鈴鹿央士)を再び取り込んで専科に対抗心を燃やしていた。

瀬戸のことが気になる菜緒(南沙良)と楓(平手友梨奈)と天野(加藤清史郎)が学校帰りに「ラーメン瀬戸屋」に立ち寄るも、瀬戸に冷たくあしらわれる。闇金から店への嫌がらせを隠そうとする瀬戸だが、そんな窮状を桜木と水野に知られてしまう…

そんな中、菜緒と天野は東大を目指して勉強していることが母親にバレる。

抗議にやって来た2人の母親に、桜木は「受験生の家庭の10カ条」を打ち出し、さらにある伝説の特別講師を呼んでいた──

https://www.tbs.co.jp/dragonzakura/story/

第4話 ネタバレ

難関大学進学コースとの勝負に来なかった輝は…

難関大学進学コースと東大専科の勝負当日、試験に来なかった瀬戸輝。

そのあとも瀬戸屋は、店のまわりに嫌がらせの貼り紙を貼られ、闇金に営業妨害されていました。

闇金に借金を返すために、高校をやめて働くという輝。

そんな輝に「勉強したいんでしょ」と、輝が捨てた単語帳を返し、借金は「自分がなんとかする」と言う輝のお姉さん。

でも闇金からお金を借りている瀬戸屋は、お姉さんの力だけではどうにもならない状態でした。

ITを制するものは受験を制する

勝負に勝った東大専科でしたが、3日も学校に来ない輝のことを、みんなで心配しています。

そんな東大専科の生徒たちに「瀬戸のことはいい、お前ら自分の勉強に集中しろ」という桜木。

桜木と水野が、東大専科の生徒たちに与えた新しい勉強法は「スタディサプリ」です。

勝負に勝つために必要なことは?

勝負に勝つために必要なこと、それは「弱点を知り、徹底的に克服すること」

そしてそれが東大合格への一番の近道と言う桜木。

「スタディサプリ」は自分の弱点を効率良く知り、勉強するために必要なツールです。

そして水野が東大専科の生徒にプレゼントしたものは「バカはちまき」。

「努力の原動力はポジティブな感情より、ネガティブな感情の方が強い」と話す桜木。

解けない問題にぶつかるたびに「バカはちまき」をまいて、解けたらはずす、を繰り返していけば解けない問題はなくなる。

そう専科の生徒に説明する水野。水野自信も合格した東大受験の勉強法です。

「バカはちまき」をまいて勉強する東大専科の生徒を、他のクラスの生徒がのぞきにてひやかします。

恥ずかしいと思いながら勉強する専科の生徒たちですが、水野と桜木はこの勉強法を自信をもって専科の生徒たちにすすめます。

輝を心配して瀬戸屋を訪れる専科の生徒たち

輝は借金を返すためにバイトを探しますが、龍海学園はバイト禁止なので、バイト先がなかなか決まりません。

そんな中専科の生徒が、学校を休んでいる輝の様子をみるために、瀬戸屋を訪ねます。

輝は、ラーメンを食べ終わった3人を早く帰そうとします。

そこにいかにも闇金の嫌がらせのために来たという風貌の男2人が、瀬戸屋に入ってきました。

かろうじて専科の生徒たちに、闇金に嫌がらせを受けていることは隠せたものの、案の定店で暴れだす男たち。

そこに桜木と水野が来て、男たちを「威力業務妨害罪」だと追い出します。

瀬戸屋の借金は…?

瀬戸屋の借金は、3年前に他界した輝の両親のもの。

それを輝のお姉さんは必死に返していました。

だけど半年前についに借金が返せなくなって、金融会社からお金を借り、それが返せないほどに膨れ上がったそうです。

桜木と水野に、「他人に迷惑かけないで、自分も働いて解決する」と言う輝。

はなから無理な東大受験はあきらめると言います。

他人に迷惑をかけたくない、プライドの高い輝ですが、「専科のみんなの勉強の邪魔をしたくないから自分のことはだまっていてほしい」と桜木に頭を下げます。

瀬戸を助けようとしない桜木に、「なんで助けないのか?」と怒りをぶつける水野。

桜木が動けば、闇金は嫌がらせのために学校に押し寄せてくるという桜木。

それを原因に桜木たちが学校を追い出されれば東大専科は続けられなくなるし、みんなの勉強の邪魔をしたくない瀬戸の本意じゃないと言い、瀬戸屋をあとにします。

ついに東大受験が親にばれた⁉

藤井は、東大専科の生徒がバカはちまきをつけて勉強している姿をSNSに投稿します。

そのSNSを見た天野晃一郎と早瀬奈緒の母親に東大受験のことがばれ、2人の母親は学校に抗議にきます。

奈緒の母親は、奈緒に東大は絶対無理と、天野の母親は、失敗するから子どもをもてあそぶような東大受験はやめさせろと桜木・水野につめよります。

「これは彼らの人生の話しだ」と桜木は専科の子どもたちも交えて、2人の親に東大受験について説明します。

東大専科の設立を発表したとき、龍海学園の全校生徒があざわらいました。その数645人。

その中で天野と早瀬の2人だけが、東大を受けたいと入りたいと名乗りでました。645人中たったの2人。

世の中で偉業を成し遂げる人間は、必ず「それがどんなに険しい道でも突き進もうという強い意志がある」。

東大受験に一番必要なものを2人はすでに持っていると話します。

東大専科のことを親にだまっているように言った理由は、「受かるわけない、また失敗すると」と否定するから。

子の強い意志を壊すのは親の否定、受験にとって一番の敵は、どうせ受からないという先入観。それを一番植えつけるのは親だから、桜木は親に隠すように言っていました。

東大合格必勝法 家庭の10カ条!

受験にとって大切なことは日常生活を大切にすること。

受験生にとって、何よりも勉強を優先する生活は非日常で、それが重圧に変わり、受験のプレッシャーになります。

受験にとって大切なのは、規則正しい生活、勉強する習慣、そして平穏な日常生活、その基本は夫婦円満。

桜木は「東大合格必勝法 家庭の10カ条」を2人の親に説明し、東大受験を認めませます。

数学の特別講師

さらに桜木が東大専科に招いたのは、伝説の数学講師、柳鉄之介です。

柳を見た専科の生徒たちは、「仙人、ヨボヨボ、威圧感半端なし」と半分バカにして、半分怖がっています。

「スタディサプリ」で数学ができなかった専科の生徒たち。

わからないところは、戻って反復すると言われ、戻った先は「小学2年生の算数」です。

柳は、時代が変わっても「詰込みこそ真の教育」と手製の問題を何度も専科の生徒たちに解かせます。

バイトをはじめた輝、はたして瀬戸屋の借金問題はどうなるのか?

東大専科の生徒たちの勉強のゆくえは?

今週のドラゴン桜も本当におもしろかったです!

輝が学校に来ないことを心配する楓、楓の言うことは聞こうとする輝。

何度も言うけどやっぱりもうこれは…恋でしょ!?

今週のドラゴン桜は、瀬戸輝の闇と東大専科の親が主軸のストーリーでした。

そしてかいちゃんの演技、とても引き込まれました。

これはドラマ放送を見た直後の私の感想です。

まだ専科の生徒は4人。東大合格者を5人出さなければならない水野と桜木。

次週は新たな生徒の獲得のために動きだしそうです。

次週のドラゴン桜もとても楽しみです!

\ 2週間無料体験 無料期間中に解約すれば料金はかからない!

Paravi
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる