キンプリのメンバーカラーは独特 決め方・色の意味・変更の理由は?

キンプリのメンバーカラーは独特 決め方・色の意味・変更の理由は?

ジャニーズのグループには、それぞれメンバーカラーがあります。

キンプリのメンバーにも、それぞれメンバーカラーがありますよ。

でも、そのメンバーカラーが、他のグループよりも独特なんですよね。

すでにジャニーズJr.(Mr.KingとPrince)の時から、それぞれがメンバーカラーを持っていました。

だけど、King&Princeのデビューに合わせて、メンバーカラーが変わっています。

この記事では、

  • キンプリのメンバーカラー
  • メンバーカラーの色が持つ意味
  • キンプリのメンバーカラーが決まった経緯
  • メンバーカラー変更の理由

を紹介します。

今はキンプリを脱退し、個人で活動している岩橋玄樹くん。

キンプリは、玄樹くんが脱退した後も、玄樹くんのメンバーカラーを大切にしています。

なので、この記事ではこれからも、玄樹くんのメンバーカラーをそのまま紹介していきますね。

目次

キンプリのメンバーカラーはジャニーズ唯一の独特なカラー

キンプリのメンバーカラーは、ジャニーズの他のグループにくらべて独特です。

キンプリのメンバーカラーを紹介しますね。

現在のメンバーカラーJr.時代のメンバーカラー
平野紫耀深紅
永瀬廉漆黒
髙橋海人ひまわりイエロー
岸優太
神宮寺勇太ターコイズブルー
岩橋玄樹濃いピンクピンク
キンプリメンバーカラー一覧

ジャニーズ所属の、他のグループのメンバーカラーは、単色の赤・青・黄色・紫・緑・オレンジなど…。

「深紅」や「漆黒」などが、公式のメンバーカラーになっているのはキンプリだけです。

次に、それぞれのメンバーカラーを紹介します。

平野紫耀のメンバーカラーは深紅

キンプリ平野紫耀くんの公式メンバーカラーは「深紅」です。

深紅は「深みのある真っ赤な紅色(べにいろ)」のことをいいます。

紫耀くんが、ジャニーズJr.時代「Mr.King」で活動していた時のメンバーカラーは「青」でした。


紫耀くんは、King&Princeの結成でメンバーカラーが変更になりました。

「赤」はジャニーズのグループにとっては、センターでエースのイメージが強い色です。

メンバーカラーも合わせて、「キンプリの絶対エース平野紫耀」への期待の高さがうかがえます。

永瀬廉のメンバーカラーは漆黒

キンプリ永瀬廉くんの公式メンバーカラーは「漆黒」です。

漆黒は「黒漆を塗った、漆器のような深いツヤのあるの黒色」です。

黒の中でも、最も暗い黒色と言われています。

廉くんが、ジャニーズJr.時代「Mr.King」で活動していた時のメンバーカラーは「赤」でした。

廉くんは、King&Princeの結成でメンバーカラーが変更になっています。

メンバーカラーが「赤」から「黒」に変わったことについて、廉くんがファンに言ったこと。

それは、「赤の頃から好きだったと自慢してほしい」です。

ファンにとってのメンバーカラーは、好きな人を応援するために集める色だったりします。

途中でメンバーカラーが変わるということは、集めたものが使えなくなったり、これから集める色を変えないといけないことを意味します。

廉くんは、そんなファンの「悲しみ」や「さみしさ」にしっかり思いをよせています。

ほんとうに廉くんは、思いやりと気配りにあふれた人ですよね。

ちなみに、「漆黒」はコンサートのペンライトでは出ない色です。

なので、廉くんのペンライトの色は「白」になっています。

髙橋海人のメンバーカラーはひまわりイエロー

キンプリ髙橋海人くんのメンバーカラーは「ひまわりイエロー」です。

ひまわり色は「あざやかな黄色みの橙」と言われています。

海人くんが、ジャニーズJr.時代「Mr.King」で活動していた時のメンバーカラーは「黄」でした。

King&Princeでも、同じ「黄」がメンバーカラーになった海人くん。

海人くんは、普段から黄色の服を着たり、自分のメンバーカラーを意識しています。

子どもの頃からずっと大切にしている、家族と行った遊園地で買った「くまさん」も黄色。

海人くん自身が、メンバーカラーの「黄」をとても大切にしています。

そして誰よりも、「ひまわりイエロー」のイメージにぴったりな、笑顔と明るさをもっているのが海人くんです。

岸優太のメンバーカラーは紫

キンプリ岸優太さんのメンバーカラーは「紫」です。

紫は「気品のある優雅で神秘的なイメージ」の色と言われています。

岸さんが、ジャニーズJr.時代「Prince」で活動していたときのメンバーカラーも「紫」でした。

岸さんは、King&Princeでも、Prince時代と同じ「紫」がメンバーカラーになりました。

神宮寺勇太のメンバーカラーはターコイズブルー

キンプリ神宮寺勇太さんのメンバーカラーは「ターコイズブルー」です。

ターコイズブルーは「青」と「緑」が混ざり合った色で、「南国の開放的な空や明るい海のイメージの色」と言われています。

神くんが、ジャニーズJr.時代「Prince」で活動していたときのメンバーカラーは「緑」でした。

神くんは、King&Princeの結成でメンバーカラーが変更になりました。

キンプリ結成で担当になった、メンバーカラー「青」をベースに、「Prince」時代のメンバーカラー「緑」も混じる色を選んだ神くん。

メンバーカラー選びにも、神くんのセンスの良さが光ってますよね。

神くんの衣装やペンライトの色が、「明るい水色」に見えることが多々あります。

神くん自身も「水色じゃないよ!」とつっこみを入れることもあります!

神くんが選んだ「ターコイズブルー」は、とても素敵な色ですよね。

岩橋玄樹のメンバーカラーは濃いピンク

2021年3月31日でキンプリを脱退した岩橋玄樹さん。

キンプリでの岩橋玄樹さんのメンバーカラーは「濃いピンク」です。

ピンクは「やさしさや甘さ」をイメージする色です。その中でも「ビビット」な濃いピンクは躍動感も持ち合わせています。

玄樹くんが、ジャニーズJr.時代「Prince」で活動していたときのメンバーカラーも「ピンク」でした。

玄樹くんは、King&Princeでも、Prince時代と同じ「ピンク」がメンバーカラーになりました。

アイドルでいることに対して、とても真剣に向き合ってきた玄樹くん。

可愛らしい顔と雰囲気、「いつもファンと一緒」という気持ちが、メンバーカラーの「ピンク」にとても合っていますよね。

キンプリメンバーカラーはどのように決められたのか?

キンプリは、メンバーカラーも独特ですが、メンバーカラーの決め方も独特です。

実は、メンバーカラーの「色決め」と、公式メンバーカラーの「名前決め」の時期は別でした。

次に、King&Princeのメンバーカラーがどんなふうに決まったのかをお伝えします。

キンプリメンバーはメンバーカラーを選べなかった?

「キンプリメンバーは、メンバーカラーを選べなかった。」 そう言われている理由を紹介しますね。

岸さんが、テレビ番組「しゃべくり007 キングだらけの2時間スペシャル」の中で、メンバーカラーについて話しています。

岸さんは、「(メンバーカラーについて)紫耀と神が先に決まってて、(自分は)ジュニアのときから紫だったので、紫で」と、言っています。

岸さんの言葉から、「赤」の紫耀くんと「青」の神くんは先に決まっていて、他のメンバーは色を選べなかった。と言われています。

岸さんの、この話しの流れで、メンバーカラーは「全員がそろったところで決められたものではない」とも言われています。

ただ、紫耀くんの「赤」と神くんの「青」については、本人たちが選んだものなのかはわかりません。

King&Prince結成時に、紫耀くんが希望したメンバーカラーは、「黒」か「金」でした。

「黒」は紫耀くんのイメージにあわない、「金」はまわりのメンバーカラーとの調和がとれない。

そんなふうに反対されて、メンバーカラーが「赤」になった紫耀くん。

King&Princeのセンターとして、周りから「赤」を推されて、メンバーカラーが決まりました。

もともと、ジャニーズJr.時代「Mr.King」で「赤」がメンバーカラーだった永瀬廉くん。

紫耀くんが「赤」になったことで、廉くんはメンバーカラーを変更することになりました。

廉くんは、「周りとのバランスを見て『黒』に決めた』と話していて、最後にメンバーカラーを決めています。

キンプリのメンバーカラーの名前はどんなふうに決まったの?

髙橋海人くんのメンバーカラー「黄」は、結成時にはすでに決まっていました。

キンプリがグループ結成でメンバーカラーを発表するときに、

「紫耀が『深紅』、神が『ターコイズブルー』、と発表していって、『おまえは何色なの?』って圧が強くて、頭のなかに浮かんだ『ひまわりイエロー』をとっさに言って、それが公式のメンバーカラーになってしまったから不満」

と話しています。

「ひまわりイエロー」は海人くんが名付けていますが、実際の「ひまわりイエロー」という色は、そのとき海人くんがイメージしていた色とは、ちょっと違う可能性があります。

岸優太さんは、ジャニーズJr.時代に活動していた「Prince」のメンバーカラーと同じ「紫」をメンバーカラーに選びました。

岸さんのメンバーカラーが、単なる「紫」と表記されている理由は、「プレッシャーが強すぎて(良いネーミングが)おりてこなかった」からです。

「しゃべくり007 キングだらけの2時間スペシャル」の中で、「今なら良いメンバーカラーのネーミングが思い浮かぶか?」とふられた岸さん。

それぞれメンバーカラーを順に、

「深紅です。」

「漆黒です。」

「ひまわりイエローです。」

「ターコイズブルーです。」

と、メンバーそれぞれが紹介していき、そのときに「紫式部です。」と答えた岸さん。

「それは色じゃない!」とつっこまれて、いまだに岸さんのメンバーカラーは「紫」のまま。

でも、実は「紫式部」という色があるんです。

「紫式部」は赤みのある渋い紫色で「紫式部の木」になる実の色です。

いまだに、岸さんのメンバーカラーは「紫」のままですが、いつか「紫式部」が公式メンバーカラーになる日がくるかもしれないですよね。

岩橋玄樹くんのメンバーカラー「濃いピンク」は、「濃い」の部分を「恋」にかけています。


玄樹くんは、King&Princeのファンのことを「ティアラ」と名付けたり、ネーミングのセンスがいつも抜群です!

キンプリのメンバーカラーまとめ

King&Princeのメンバーカラーは、色も名前も独特です。

現在のメンバーカラーJr.時代のメンバーカラー
平野紫耀深紅
永瀬廉漆黒
髙橋海人ひまわりイエロー
岸優太
神宮寺勇太ターコイズブルー
岩橋玄樹濃いピンクピンク

キンプリのメンバーカラーは、自由に選べたわけではなく、それぞれに決まるまでの事情がありました。

メンバーカラーのネーミングは、キンプリメンバーが自分たちで考えたものです。

でも、とっさに考えたり、浮かんでこなかったり、決め方がとてもユニークです。

今は、それぞれのメンバーカラーが定着し、素敵な色とともに、メンバーそれぞれが自分の個性を発揮しています。

キンプリのメンバーカラーを、たくさんの人に知ってもらえるように、これからもいっぱい活躍してほしいです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次