【姉ちゃんの恋人】高橋海人寄りのあらすじ・ネタバレ第一話~最終話まで

2020年10月27日から関テレ/フジテレビ火9ドラマ「姉ちゃんの恋人」がスタートしました。

このドラマの主演は有村架純さん。

有村さんが演じる「安達桃子」の弟「安達和輝」役で出演するのが高橋海人こと、キンプリの末っ子かいちゃんです。

このドラマの出演をティアラに発表したのは、10月9日17:30スタートの配信コンサートでしたね。

King&Princeでも最年少、グループでも可愛くかっこいい末っ子のかいちゃん。

そのかいちゃんが全国民に「国民的弟」として、広く知られ認められる作品となること間違いなしの「姉ちゃんの恋人」。

誰よりもかいちゃん寄りの視点で、あらすじ・ネタバレ・ドラマの情報をご紹介します。

目次

姉ちゃんの恋人の原作はないの?どんなストーリー?

「姉ちゃんの恋人」は原作のない、脚本家のオリジナルストーリーです。

公式サイトでは

27歳、両親・彼氏ナシ。ホームセンターで働きながら、弟3人を養う主人公・桃子。
そんな明るく前向きで、ちょっとガサツな姉ちゃんが、ある日、職場で恋に落ちた!
ただ、ほほ笑みが素敵なその男は、何やら心に傷と謎を抱えていて…
でも、そんなことはお構いなし!桃子の恋が、家族に、友人に、職場の人々に、
そして、意中のワケあり男に、小さな幸せの連鎖を起こす。
季節はハロウィーンからクリスマスへ。
恋によって、桃子の“新たな日常”が始まる!

8カンテレ「姉ちゃんの恋人」公式サイトより引用

オリジナルドラマは、あらかじめ展開がわかりません。ドラマの展開を予測しつつ、毎週ドキドキ見ちゃいますよね。

恋によって起こる、小さな幸せの連鎖。

ドラマの展開もさることながら、かいちゃん担のティアラは、毎週和輝の恋の行方をどぎまぎ、悶絶しながら見守ることになるんでしょうね。

「姉ちゃんの恋人」の脚本家は?

「姉ちゃんの恋人」の脚本家は岡田惠和(おかだよしかず)さんです。

これまでの作品は「若者のすべて」「ビーチボーイズ」「最後から二番目の恋」など。

多くの作品で、青春や恋にまつわる人間模様を魅力的に描き、素敵なドラマを世に送り出している方です。

過去に有村架純さんの主演するドラマの脚本も手掛けています。

代表的なドラマは連続テレビ小説「ひよっこ」でしょう。

そんな岡田さんは、自身のラジオ番組「今宵ロックバーで~ドラマな人々の音楽談義~」で、かいちゃんが2019年に主演した「ブラック校則」のファンだと話しています。

かいちゃんの演技についても、姉ちゃんの弟として、2人の弟のお兄ちゃんとして、年上の女性に恋する青年を上手に表現しているとほめています。

さらにこのドラマのナレーションを担当しているかいちゃんの声の演技もほめています。

さらにさらに!かいちゃん主演で連続ドラマや映画を作りたいとも話していました。素晴らしい!!

今まで岡田作品には、木村拓哉やSMAPだった頃の稲垣吾郎、香取慎吾、今は副社長になった滝沢秀明などたくさんのジャニーズのタレントが主演しています。

岡田作品の映画やドラマに、かいちゃんが主演する日がとっても楽しみです。

姉ちゃんの恋人 あらすじ&ネタバレ 第1話~最終回

一生懸命生きる女性とその家族や友人のハロウィンからクリスマスまでの恋の話し。

ティアラが見る、かいちゃん寄り視点のドラマのあらすじ&ネタバレを紹介していきます。

姉ちゃんの恋人 第1話 あらすじ&ネタバレ ~安達家の可愛い3兄弟登場~

「姉ちゃんの恋人」第1話のあらすじ&ネタバレを紹介します。

安達桃子(有村架純)は、高校3年生のときに両親を事故で亡くし、大学進学を断念。それ以来、3人の弟たちを養うため、親戚の紹介で就職したホームセンターで働き始めて9年目の27歳。「あいつら幸せにするって決めたんで、私」ときっぱりと言い切る桃子は、それぞれ20歳、17歳、14歳となった弟たちの幸せを何よりも大切に考える一家の大黒柱として、辛い過去や日々の苦労を懸命に乗り越え、毎日を過ごしていた。

世の中の日常が大きく変わるなか、その影響を受けつつも、それなりに幸せな毎日を送っていた桃子。しかし、ハロウィーンからクリスマスに人々の興味が移ろい始める頃、偶然職場で出会った“吉岡さん(林遣都)”との恋によって、彼女の日常は大きく変わる。

少し年上でほほ笑みを絶やさない好青年の“吉岡さん”に、次第に心ひかれていく桃子だったが、彼には「ある秘密」があった…。

太陽のような桃子と、どことなく影を感じさせる“吉岡さん”。

そこそこ大人な年齢なのに、どこか初々しくて、ぎこちない2人の恋は、応援するお互いの家族や、職場の同僚、友人たちも巻き込んでいく。

はたして、クリスマスを迎える頃、桃子の“新たな日常”はどんな結末を迎えるのか?

8カンテレ「姉ちゃんの恋人」公式サイトより引用

安達桃子(有村架純)はホームセンターのホームファッション売り場で働いています。

職場は働きやすそうで、仲良しな雰囲気。

季節はハロウィン前。ホームファッション売り場もハロウィンの装いです。

今年はウイルスの流行で、今までの世界、これまでの生活が変わってしまいました。

そんな中でのハロウィン商戦は「どんな感じでやったらいいかわからない」微妙な状態です。

そんな中桃子の発した「クリスマスはどかんとやりたい」という一言。

この一言をきっかけに、クリスマスレイアウトプロジェクトのリーダーに抜擢されることになった桃子。

このプロジェクトが素敵な恋のお話しへと続いていきます。

安達家の可愛い弟たちの登場シーンは、ビデオ通話です!

職場の人と久しぶりに居酒屋に行った桃子。

「久しぶりに弟たちに挨拶させます!」と和輝にビデオ通話をかけ、出た弟たちの「どーもでーす」の挨拶。

画面いっぱいの可愛い弟たち。

弟を「大・中・小」と紹介する桃子。

大は20歳大学生の和輝(高橋海人)。中は17歳高校生の優輝(日向亘)。小は14歳中学生の朝輝(南出凌嘉)。

職場の人たちに挨拶し「今後とも姉ちゃんのことをよろしくお願いしまーす。」と手を振る3人のアイドル感。

そしてビデオ通話終了からの和輝が作るカルボナーラ。

桃子はチーズが嫌いなので、桃子がいるときにカルボナーラは食卓に絶対あがらない料理なんだそう。

そのカルボナーラを自粛中に料理にはまった和輝がとっても美味しそうに、きれいに作ってました。

仲良く料理をし、出来上がったカルボナーラを盛り付ける3人の弟たち。わちゃわちゃした感じもほんわかとっても楽しそう。

そして家に笑顔で帰る桃子、閉店後のホームセンターで働く真人(林遣都)が壊れた地球の飾りを直す場面で和輝のナレーションが添えられて

今この星に暮らす僕らは みんな深い傷を負ってしまっていて 誰かとつながることに憶病になっているのかもしれない でも きっと僕らには素敵なことが待っている そう信じていきていないとだめだよね そうだよね? 姉ちゃん













なんて優しいナレーション。優しい和輝の声。語り掛け。とても癒されます。

真人は閉店後のホームセンターの配送センターで夜間に働き、朝家に帰ります。

帰りがいつもより遅い真人を、心配そうに外までに見に行くお母さん(和久井映見)。

無事帰ってきた息子の姿を見てそっと家に戻る姿、帰ってきた真人に聞きたいことを遠回しに聞く姿から、真人に気を使っている様子がわかります。

最近荷物が増えて忙しい、荷物が増えると嬉しいと話す真人。

荷物が少なかった時期は「仕事がなくなるかもと不安だった」「自分の場合再就職が難しい」と話していたので、今は安心して働けているようです。

棚にはお父さんの写真が飾ってあり、お母さんと二人暮らしの様子。

真人のお母さんはお弁当屋さんで働いています。届いていた同窓会を案内するハガキで、お母さんが学校の先生だったことがわかります。

ハガキには欠席に〇がついていました。それをみた真人の表情と「ごめん」の言葉。

真人のせいで先生をやめ、教え子に会えない状況なんですね。

安達家の朝は桃子と和輝が朝ごはんを作ってみんなで食べるんですね。

メニューは目玉焼き、ウインナー、ポテトサラダ、ケールのサラダ、ポテトサラダそして食パン、ロールパンがお皿に山盛りで、スープとオレンジと牛乳も。

食べ盛りの男の子が3人いる食卓はこんな感じなのかな?

「姉ちゃん毎回思うんだけどさー合宿所かーここはー」

と言う桃子。とても楽しそうでにぎやかな家族ですね。

そんなにぎやかに始まる食卓に流れる朝のニュース。

30代の夫婦が車にはねられ死亡と。テレビをそっと消す和輝に「ありがとう」という桃子。

安達家の両親は交通事故で亡くなったんですね。

和輝が作ったケールのサラダを「うまい」と食べる桃子。

「ま、いいんだけどさー。和輝は農学部行ってるわけだしぃ。男がねー、料理ねー、まぁまぁいいと思うんだけどさぁ。グルメみたいにうるさくなるのはやめときなね。あれお姉ちゃん嫌いだから。男は文句言わずに出されたもんを全部食べろ。それが基本かな。わかった?」

それに素直に「わかった」という大中小の弟たち。姉ちゃんの言うことは絶対。きっと素敵な男性に成長するね。

弟たちは姉ちゃんが大好き。

姉ちゃんに「サッカーの試合の応援にきて」と言う朝輝。

家族みんなで試合の応援に行くなんて仲良くて微笑ましい。

「たださ姉ちゃん、応援はいいんだけどさ、あまり過激にならないようにね。ほかの選手にさ、死ねーとか、ひっこめーとか、ぶっ潰せーとか、やっつけろーとか」

どうにも弟たちのことになるといつも過激な応援になっちゃう姉ちゃんなんですね。

こんな可愛い弟たちの親代わり。心配だし弟たちが大好きだし、弟たちのために生きてる桃子。過激になるよね。わかるー!。

桃子の職場では、桃子の「クリスマスはどかんとやりたい」の一言からクリスマスレイアウトプロジェクトチームが発足。

言い出した桃子がプロジェクトのリーダーになります。

とっても緊張している桃子でしたが、プロジェクト参加者みんなの意見を聞く中で

「クリスマスって幸せの象徴みたいなところあって、キラキラしてて、で、もちろんそれでいいんですけど、

なかなかあんまりキラキラばっかりしてると、一人だったり淋しかったり、なんかつらい思いとか持ってると目をそむけたくなるっていうか、そういうのもあって。

なんかそういう人も、ちょっと触れたいなとか、見に行きたいなとか思えるような、そういうクリスマスだったらいいなって。

それとあの、木が好きなんで、本当の生えてる木。贅沢なのかもしれないですけど、すごい電飾とかよりは、もちろん電飾とかもほしいんですけど、本物のもみの木、でっかいのとかいいなって。ちょっと触ってみたくなるような。木はやっぱりいいし。

触るなばっかりだったじゃないですか、木もダメなのかもしれないけど、そんな風に思いました。」

とみんなの前で話した、桃子と同じ考えだった吉岡真人と運命の出会いをしちゃうんですねー。

真人ははじめ、ミーティングに一度参加したら断るつもりだったのに、このプロジェクトを続けることに決めます。

幼馴染のみゆき(奈緒)とコンビニの前でアイスを食べ、ナンパも蹴散らす桃子。

旅行業のみゆきは景気も悪く、恋もしていず、家族との仲も良くないと話し、桃子は?最近の様子を聞きます。

桃子は恋する相手はいないと言いながらも「心の通じ合える人が良いな。」と真人のことを思い出し、彼のことが気になる様子です。

この桃子の幼馴染のみゆき。この女性がティアラにとって相当重要な人物になるのはもう少し先のお話しです。

場面は変わり、河原のグランドで行われているサッカーの試合を眺めている真人。

真人の家には、保護司の川上さんの面会に来ていました。

保護司は、ボランティア(無償)で犯罪や非行に陥った人の更生を任務とする国家公務員なんですね。

保護司が真人を訪ねてくるということは、真人は犯罪者ということなんでしょう。

川上さんは「しっかり罪を償った真人のことは心配していない。誰かのせいで傷つくことが心配。」と話していました。

犯罪者ということで、傷つくようなレッテルを貼られたことがあるのでしょうか…。

一方河原でサッカーの試合を観戦する桃子。弟が試合相手の選手に蹴られて転ばされたとことに腹を立て試合に乱入します。

この試合、真人が眺めていた試合だったんですね。

審判に文句を言い、レッドカードで退場となった桃子に、偶然居合わせ再会した真人。

気まずいところを見られた桃子は、真人に言い訳しながらも弟の話や両親の事故の話しをします。

桃子に促されて自分の話しをする真人。父は3年前の亡くなったこと、大好きな母を守りたい、幸せにしたいことを話します。

そこで壊れた地球の飾りを直してくれたのが真人と知る桃子。

「あれですね。吉岡さんみたいな人は、こうバキバキした人と付き合ったりしたらしたらいいんじゃないですかね。たとえば私みたいな。あ、いや違う。たとえばの話しですよ、たとえばっ」

真人に好意を抱き、心の声が隠しきれない桃子。まっすぐでとっても素敵な女性ですね。

真人も桃子のこと、良い感じに思っているのは画面からとても伝わってきます。

試合に勝ったと電話が来て、真人と別れ弟たちと合流する桃子。

弟たちと幸せそうにはしゃぐ桃子に反して、一人自分の手をみつめる真人からはせつなさを強く感じます。

それにしてもここで流れるMr.Children「Brand new planet」の素敵さ、半端ないです。

そしてティアラに衝撃が走るのは、このあとの第2話の予告です。

「巻き起こる同時多発ラブ」で和輝の初恋の人がみゆきさんだとわかるんですけど…。

問題の場面。みゆきさんの口の横についたカプチーノの泡を人差し指ですくってぺろっとなめる和輝!

全ひまわりイエロー担ティアラに衝撃が走ったことでしょう…。

みなさん大丈夫?私なら悶絶してしまう。キンプリの末っ子のこの姿にすでに担違いの私でも悶絶…

とにかく安達家の弟が可愛い、桃子の恋の行方も気になる「姉ちゃんの恋人」第2話もとっても楽しみですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる